【中学英語】曜日は縦に書いて覚えよう!

ヒポポくん

こんにちは!ヒポポくんです。

今回も「塾に行かずに成績を上げる方法」について書いていきたいと思います!

単語を覚える近道って!?

うちの塾では、途中入会の子には体験レッスンのときに、英語の単語(曜日など)を書いてもらってます。

で、だいたいの子が書けません(^^;

でも、「単語を覚える近道」を教えてあげると、

ほとんどの子はその日のうちに書けるようになります。

その方法がコレ↓

曜日は縦に書いて覚えよう!

縦って言っても縦書きっていうことじゃないですよ(当たり前か(^^;)

Sunday

Monday

Tuesday

Wednesday

Thursday

Friday

Saturday

↑のようにノートにひとつひとつ縦に書いて覚えてごらん!ってことなんです。

なんで、こんな覚え方をするのか?

曜日って全部 dayがついてますよね?

だから、その前の Sunとか Monとかだけ覚えればいいんです。

で、そのためのプリントを作りました↓

作ったプリントも縦に曜日を配置しました。

で、ノートにもこのプリントのように縦に曜日を書かせます。

「目」も使って覚えてますか?

覚えるって手だけじゃなくて目も頭も使って覚えたほうが絶対イイ

特に目を使ってない場合、忘れちゃうんですよねぇー(-_-;)

目だけでもダメだけど(^^;

このやり方だと、Sun とMonを覚えたらFriもすぐ覚えられる。

次に、案外一番長いWednesが早いうちに覚えることができて、残ったTuesとThursとSaturで時間を食ってしまう・・・ってパターンが大半かな?

実は、ここまでくればゴールはあとちょっと。

ThursとSaturにはurという共通の文字があるんですね。

両方とも発音はアー

あとは、TuesとThursの違いを間違えながら認識する。

ここで大事なのが「間違えながら」ってとこ。

間違えると「あっ、違うんだぁ」って認識できる。

間違えるのも「勉強」です!

スポーツ系の部活で反則をしてしまうことに似てるかな?

勉強ってスポーツと同じように考えてやると結構うまくいくんですけどね。

↑このことは、また詳しく書こっかな(^^;

すると、今まで時間をかけても書けなかった単語が書けるようになる。

そして、忘れなくなる。

忘れたとしても、すぐにに思い出せる。

英語の曜日ってローマ字と全然違うじゃないですか?

だから、ローマ字ができる子でも間違える。

で、覚え切るってとこまでやってる子ってあんまりいない。

っていうか全然いない。

だから、曜日をキチンと書けるようになるってことは

英語の成績を上げるスタートとしては最適なんです。

でも。。。

これに時間がかかてしまう子もいることも事実。

そういう子は。。。

どうしてもダメならあきらめるのもOK!?

さっさとあきらめて、数学の計算問題か社会か理科か

その子の好きな科目(あるいはできそうな科目)に変更です!

できないことがわかれば、他で点を取ることを考えた方がいい。

↑そう思いませんか?

勉強なんて、時間をかければいいってもんじゃない。

短い時間でさっさと終わらせて、好きなことに時間を使いましょう!

ヒポポくんでした!

また、「塾に行かずに成績を上げる方法」について書いていきたいと思いますのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です